こぐま保育園 こぐま保育園
back home
園の概要 施設紹介 保育の特徴 子どもたちの1日 年間行事 入園方法 子育て福祉センター 一時保育

子育て福祉センター

 1986年度に保育センターを開設し、育児相談、あそぼうかい、プール開放、地域の保育要求調査などを行ってきました。
 1997年度からは、「子育て支援センター」として担当職員を配置し、市の健康センターや母子保健・福祉の関係機関と協力して、ネットワークを広げてきました。
 これによって、子ども同士、親同士が交流し学びあう貴重な場になっています。
 2001年度より、園舎改築にともなって、子育ての交流・高齢者の交流の場を設けた「子育て・福祉センター」となりました。ここでは、子育ての応援や生活文化の伝承など、有意義な世代間交流が行われています。



あそぼうかい
0歳から2歳の子どもたちを対象に、週1〜2回開かれています。保育園の子どもたちと遊んだり、行事に参加することもできます。手作り遊具の紹介や、絵本の貸し出しもしています。また、保育園の給食の試食会「お食事レストラン」も行っています。

子育て講座
乳児期の健康、生活、遊びなどについて学びます。詳しい予定は、あそぼうかいでご案内しています。
子育て相談
保育園の園長、栄養士、看護師、乳児のベテラン保育士のアドバイスが受けられます。乳幼児期の育児について、いろいろな相談が寄せられており、また、お母さん同士の交流のなかで貴重な情報交換も行われています。
 そのほか、夏季プール(3〜5歳)、水遊び広場(1〜2歳)の開催、保育園の行事(夏祭りや冬祭り)への参加を呼びかけ、地域との交流をはかっています。
 子どもから高齢者まで、すべての年代のための福祉の充実を願って、地域・世代間交流をすすめています。


copyright(c)2007こぐま保育園 All rights reserved.