こぐま保育園 こぐま保育園
back home
園の概要 施設紹介 保育の特徴 子どもたちの1日 年間行事 入園方法 子育て福祉センター 一時保育

園の概要

こぐま保育園は、1973年4月、社会福祉法人多摩福祉会によって設立されました。
 設立の準備は、戦前からの保育運動の実践的指導者であった浦邉史と、同じく戦前から保育ひとすじに生きてきた庄司豊子(いずれも故人)らを中心に、友人や知人などの協力者に支えられて進められました。
 「保育園は、これを利用する住民の皆さんの意見と協力を求めることによって、団地生活の現実に則した運営が可能になるものと期待しております。
 もちろん、私たちとしては、私立保育園を独力で経営する資力は持ち合わせておりませんが、私たちの保育に対する情熱と、利用者の連帯をよりどころにして、この事業を支えていくつもりです。
 保育という仕事の特殊性からして、国や自治体の負担を基本にすることは言うまでもありませんが、さらに皆さまのご支援を得て、子どもたちのためによりよい保育条件を作り出して、子どもたちの発達を保障していきたいと思います。」
 こぐま保育園は、今日でも生きる、この創立の願いのもと、運営の方針を具体化して保護者の皆さんと子どもたちを育てていきたいと考えます。


保育目標と保育計画

 こぐま保育園では、すべての子どもたちが、健康で、かしこく、思いやりのある人間に育つことをめざして保育をしています。
 21世紀が平和であること、豊かな民主主義社会であること、それは誰もが願うことでしょう。わたしたちは、その担い手となる子どもたちが、平等な社会・個人の尊厳の大切さを理解し、豊かな人間性が築かれるよう、その発達を保育したいと願っています。
 人生80年といわれる今日にあって、乳幼児期の6年間は人格形成の基礎の基礎ともいえる、大切な土台づくりの時期です。

この時期の子どもたちにおいて、以下の5つの点に重点を置いて基礎的な力を形成できることを目標として保育しています。
(1)健康な身体
(2)健康で文化的な生活行為・習慣
(3)豊かな感性
(4)旺盛な知的興味。
(5)集団感覚・態度・道徳的習慣

運営方針

(1)働く父母が安心して預けられる保育園に。
(2)子どもたちが生き生きと育つ集団生活と教育の場に。
(3)職員にとって働きがいのある職場に。
(4)子どもの24時間の生活を、園と家庭が力を合わせて育てられる保育園に。
(5)地域住民の連帯のなかで、豊かな子育てに役立つ保育園に。
(6)地域の保育・福祉・教育・保健関係者とのネットワークを広げ、生活と地域を豊かに発展させる保育センターをめざして。


地図
地図


copyright(c)2007こぐま保育園 All rights reserved.